最近中古車は見直されています

現在、日本のみならず世界中で中古車が見直されています。世界中でエコロジーに関心が高く、リサイクルなどの3Rや地球環境保全の考え方からもエコノミーな中古車の需要が増えていると言っていいでしょう。

特徴のひとつとして、ユーザーのライフスタイルの変化に対応できるということが挙げられます。ライフスタイルの変化に応じて乗り替え・買い替えがしやすいという特長があります。燃費の悪い従来の、エコカーではない自動車を買い替えるために新車を買うつもりで予算を組んでいても、中古のエコカーに買い替えることができれば新車より安く自動車が手に入るのでエコノミー、つまり経済的でエコロジー、地球環境やリサイクルにも配慮できます。

日本において中古車は世界一安全に購入できると言われているそうです。理由としてはその自動車の過去の事故歴、修復歴、キズ度合いの情報明示など情報の透明性と、高い技術の自動車整備、そして点検・検査もしっかりしているので安心して購入できるからだそうです。

中古車の定義とは何でしょう

中古車とは、自動車製造メーカーで生産されナンバー登録されたあと、ユーザーに購入されたりレンタルされたりしていたものが、一度ユーザーの手から離れて再び売りに出される、あるいは再購入されている自動車のことを指します。

また、自動車販売店などで試乗車名目のディスプレイカーなど、ナンバー登録をされていてもほとんど使用していない自動車、いわゆる『新古車』と言われる自動車も中古車に分類されます。

また、『車』のカテゴリーに自転車も含まれますが、自転車はこの名称で呼ばれることはありません。この名称は『自動車』を指す場合がほとんどです。つまり結果的に、自動車メーカーで生産されてナンバー登録された自動車すべてが、再販されると中古車になると言えます。

ちなみに『高年式』と『低年式』という単語を聞くことがありますが、この言葉にも定義があって、高年式は比較的製造年から年月が経っていない自動車のこと、逆に低年式は製造年から年月が経っている自動車のことを意味します。